FC2ブログ

Entries

考察 ハニワ幻人 (鋼鉄ジーグの敵) 

漫画版鋼鉄ジーグを読んで、ハニワ幻人のモチーフについて考えました。ハニワ幻人には全個体共通のモチーフがありません。人間型も動物型、どれでもない異形などいろいろあります。名前はハニワ幻人、ロボット獣ともにはカタカナ三文字が大半です。ただちょくちょく古代の戦士をモチーフにした機体が出てきます。全個体共通ではないけどツノを持った骸骨のレリーフがある者も多い。ただ後継政権のロボット獣と必ずしも一目で区別が...

ゲッターロボアーク感想  拓馬とカムイ

ゲッターロボアークを読み返しました。拓馬とカムイはどちらも行動の動機が「母」でした。拓馬は母の敵討ち、カムイは母と共に暮らすこと。拓馬は未来で母の仇、カーター・マクドナルを討つ。カムイは未来でゲッターを倒すことを誓う。拓馬の敵のカーターから受け継いだバグで。カムイの目的はここで変質しました。元々彼はアイデンティティに悩んでいるようでした。恐竜兵から「あなたは我々の希望」と呼ばれたりゲッターザウルス...

「ゲッターロボ號」 日本政府のランドウ対策とその禍根の考察

北朝鮮とアメリカも恐竜帝国、ランドウの排除では一致している。アークでは言及のなかった女帝ジャテーゴだが金日成にも恐れられる凄い人物だった模様。石川賢先生のゲッターロボ號の考察です。核爆発並みの威力を持つ自爆メタルビーストで恫喝された日本政府はランドウ寄りの中立を受け入れざる得なくなります。プロフェッサーランドウからの要請即座に実行してもらいたいもの北海道沖の護衛艦の本州以南への撤退ゲッターロボ號の...

トリコ (島袋 光年先生著) のラスボス ネオ (グルメスパイザー)とは無関係

こんにちは。黒須です。今回は2016年まで連載された トリコの感想を書いてみます。トリコは美食と冒険をテーマにした作品で、TVアニメも放映されていました。連載の末期に のちにラスボスと明言される ネオの存在が明かされました。連載後期に登場したネオ。 このようにおぞまじい怪物であることが強調されている。ただネオの実態を知っても主人公たちはそれほど嫌悪感を感じていません。トリコたちはネオの行ったことは、自...

ONEPIECE 四皇の組織体系 

今回はONEPIECEの最強の海賊、四皇の組織系統を解説しようと思います。現在対決しているカイドウの百獣海賊団は大看板飛び六砲真打ちギフターズプレシャーズ、ウェイターズってゆう階層構造になっています。ナンバーズは人格をもった存在ではなく軍用犬みたいな扱いです。ジョーカードフラミンゴ、情報屋アプー、衛星国の黒炭政権などが組織系統の例外として存在しています。ビッグマム海賊団は3将星大臣兼務の実子チェス...

Appendix

プロフィール

黒須勘助

Author:黒須勘助
私の収集したフィギュアやコミックのレビューを書いていきます。

必ずしも最新のものではありませんが、読んでいただけたら幸いです。

感想お待ちしております。

最新記事

私のツイッターアカウント

2020年10月18日からの訪問者

現在の滞在者

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR